お知らせ




腎臓病の新しい検査!!!



暑くなると増える病気

熱中症

人のように大量の汗をかくことが出来ず、

毛に覆われているため、

体温を下げるのが苦手です。

急激な体温の上昇で、呼吸が乱れ、大量のよだれや、嘔吐、ケイレンなどの症状がおこり、死亡する可能性もあります。

日中の散歩や、蒸し暑い部屋での留守番などは熱中症のリスクがあり危険です。

食中毒

暑くなると食べ物が傷みやすく、

カビが生える事で食中毒の原因に!!!

下痢や、嘔吐などの症状を引き起こし

悪化すると、ケイレンや意識を失うことも

あります。暑さで食欲が低下し食べ残しが増える時期です。食べ残した場合は早めに処分しましょう。

皮膚病

高温多湿=カビや菌の増加!!!!

元々、体にいるカビや菌でも増殖する事で

皮膚を悪くします。強い痒みや炎症、フケや発赤などの症状を引き起こします。

また、ノミ、マダニが大量発生する季節でもあるため、ノミによる皮膚病やマダニによる感染症などにも注意が必要です。

 



お問い合せはこちらから
お問い合せはこちらから