病気と予防の対策

ペットも私たちも生き物である以上、病気になる事があります。ペットは自分自身の体に異常があっても、その異常を私たちに伝えることが出来ません。ペットの痛みや苦しみは飼い主さんが気付いてあげなくてはなりません。日頃から触れ合いを持ち、いつもと違うことはないか、様子をよく見るようにして病気のサインを見逃さないようにしてください。




犬ちゃんの予防

 

混合ワクチン

ワクチンは病気のを体内に取り入れる事で免疫をつけて伝染病を予防します。生まれたばかりの時は、母親から免疫をもらっているため病気にかかりにくいですが、生後2~3ヶ月以降は様々な伝染病にかかる可能性が高まります。そのため予防接種(混合ワクチン)を受ける必要があります。初めてワクチンを接種する場合は2~3回の接種が必要になります。それ以降は年に1回追加接種を行いましょう

 

混合ワクチンで予防できる伝染病

ジステンバーウイルス

○アデノウイルス感染症(2種類)

○レプトスピラ病

○伝染性肝炎

○パラインフルエンザ

○パルボウイルス感染症

○コロナウイルス感染症



 

狂犬病ワクチン

狂犬病は、犬だけではなく人にも感染する病気です。そして、感染すると死亡する可能性が高い病気です。狂犬病ワクチンは、生後91日齢(3ヶ月)以降で飼い始めてから30日以内の接種が義務付けられています。年に1回の接種が必要です。



猫ちゃんの予防

 

混合ワクチン

ワクチンは病気のを体内に取り入れる事で免疫を付けて伝染病を予防します。生後2~3ヶ月以降はさまざまな伝染病にかかる可能性が高まるため、予防接種を受ける必要があります。猫ちゃんは室内にいることが多く伝染病にかかりやすくはないですが、感染してしまうと症状が重く出る傾向があります。初めてワクチンを接種する場合は2回の接種が必要になります。それ以降は年に1回追加接種を行いましょう。

 

混合ワクチンで予防できる伝染病

○ウイルス性鼻気管炎

○カリシウイルス感染症

○汎白血球減少症

 など・・・・



犬ちゃん・猫ちゃん共通の予防

 

ノミ・ダニ予防

ノミやダニは身近に多く存在する寄生虫です。犬ちゃん、猫ちゃんに寄生して吸血することで、様々な皮膚病を引き起こします。また、ノミ・ダニを介して動物から動物へ病気を移すこともあります。ノミ、ダニは人にも被害をもたらします。(皮膚炎・ウイルス感染など)現在は背中に滴下するだけの簡単な予防薬があり、ほぼ100%予防できます。月に1回滴下するだけで1か月間予防できます。*ノミ・ダニはシャンプーでは落ちません。

 

フィラリア予防

フィラリアは心臓に寄生する恐ろしい寄生虫です。フィラリアは蚊を介してペットの体内に入り込みます。感染してしまうと寿命が縮まり、死に至ることもあります。予防期間中は月に1回予防しましょう。予防薬は食べるタイプ・付けるタイプを選べます。




お問い合せはこちらから
お問い合せはこちらから